読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikon D40を修理に出してきた

修理と云っても、故障したわけじゃないんだが…。
 
ちょっと前にローパスフィルターのクリーニングをして貰ったのだが
その数日後、撮影途中にまた気になるものが…。
ファインダーを覗くと髪の毛のようなゴミが見える。
「え、うそ?!…またクリーニングに出さなきゃ駄目なのかー」と
ガッカリしながら、その日に撮った写真を確認。
「ゴミが目立ってなければ使えるかなー……あれ?」
撮った写真を確認してみると、ゴミは写ってない。
もう一回ファインダーを覗く。…やっぱりゴミはある。
何処にゴミが入ったんだ?
 
というわけでサービスセンターにD40を持ち込んで見てもらう事にした。
前回のローパスフィルターの時と同じように、直ぐに終わるのかなと
思っていたが…
「プリズム*1の部分にゴミが入り込んでしまったようなので
 お預かりして、という形になります」
と、サービスセンターの人に言われてびっくり。
厄介な所に入っちゃったのかー。
そのままにしておくわけにもいかないし、お願いしますとカメラを預けてきた。
 
預かりになったことより驚いたのが、料金。
ローパスフィルターのクリーニングは1,000円。
カメラ内部の清掃は500円。
今回のゴミの除去は11,498円
 
Σ( ̄□ ̄;) 高っ!
 
急に料金が跳ね上がったよ(>_<)
工料が8,700円、部品代が2,250円。あとは消費税。
…部品代?
中を開ける時に使えなくなっちゃう部品があるのかな??
よく分かんない(@_@;)
 
とりあえず今回はまだ保証期間内なので
料金は掛からないらしい*2。ちょっとホッとしたw
 
そんなわけで6月の一週目半ばぐらいまで手元に一眼レフがありません(;´ω`)

*1:ペンタプリズム?ペンタミラー?

*2:受け取りの時に保証書を持っていけば