読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラスホッパー

書くのを忘れていた。
 
伊坂幸太郎さんの小説は『死神の精度』を読んで
文章のテンポが好きな感じだったので他の作品も読んでみたくなって
グラスホッパー』を読んだのだが…。
率直な感想としては、面白くなかった。
好みの問題だとは思うんだけど…(-_-;)
途中で飽きたりはしなかったが、盛り上がる部分がなく
読み終わった後「退屈だったなぁ」と思ってしまった。
設定で「…?」と引っ掛かってしまう部分が多かったせいもあるのかな。
ちょっと残念。
これが面白ければ他の作品も読んでみたいと思っていたが
とりあえず保留、かな。